こんにちは!8proud  ダイエットコンダクターの吉本です。
以前、筋肉をつけるにはただ筋トレをするだけではなく、筋トレで傷ついた筋肉を直すだけではなく強くしてくれる「超回復」のために休憩も必要であるお話をいたしました。
今回は、その超回復に必要な食事についてお話いたします。

なぜ食事は重要?

筋肉はタンパク質でできており、たんぱく質を含んだ食事を摂取し、さまざまな栄養素を介して筋肉となります。
この「さまざまな栄養素」というのが重要で、筋肉がタンパク質だからタンパク質をたくさんとればいいわけではありません。
たんぱく質を取りすぎてしまうと、筋肉と同じく脂肪も増えてしまい、また腎臓へ負担がかかるなど体を壊してしまう危険性があります。
また食事制限も注意が必要で、制限をすることでエネルギーが不足し、筋肉量の低下につながります。
理由は不足したエネルギーを筋肉から補おうとするからです。

食事はバランスが大事:5つの栄養素とは

「さまざまな栄養素」を体内に取り込むことで、たんぱく質が吸収されて筋肉となります。このさまざまな栄養素を見てみましょう。
1.炭水化物
体を動かすに重要なエネルギー源で、ごはんやパンなどが該当します。
炭水化物が不足すると、筋肉であるたんぱく質をエネルギーとして使ってしまいます。逆に取りすぎると脂肪として蓄積しますので注意してください。
2.タンパク質
筋肉・骨・血液など、体を構成する主成分であるタンパク質。肉類や大豆などが該当します。
タンパク質が不足すると筋肉がつきにくくなるので、筋力アップには大事な栄養素です。とりすぎると同じく脂肪として蓄積します。
3.脂質
細胞膜やホルモンを構成する成分であり、長時間運動に必要なエネルギー源です。同じく肉類や魚類から摂取することができます。不足するとホルモン低下となり、体調を崩す原因となります。
4.ビタミン
体の調子を整えるのに欠かせない栄養素です。13種類ものビタミンがあり、それぞれ働きが違います。
体の中で作ることができなかったり、作られたとしても量が十分でないため、食事での摂取が必要です。
5.ミネラル
ミネラルは身体の機能維持、調整、抵抗力をつける栄養素です。カルシウムや鉄など様々なミネラルがあり、体で作ることができないのが大きな特徴です。
このように筋肉にはタンパク質だけではなく、「いろいろな栄養」を「バランスよく」摂取することが非常に大切です。バランスの良い食事を意識し、筋トレの効果を最大限に高めていきましょう。