BLOG

~大阪 京橋 心斎橋のプライベートジム 8proud~

熱中症を知ろう:症状

30度を暑い日が続いていますね。皆さん体調はいかがでしょうか。
歩いているだけでも汗が出てくる中で、トレーニングではさらに汗をかき、体の水分がどんどん外に出ていきます。
朝や太陽が沈んだあとなら大丈夫だろうと思われるかもしれませんが、家の中にいても水分補給等しなければ熱中症になるので注意が必要です。

熱中症とはそもそもどんな症状なのか?水分補給だけで熱中症にならないのか?もし熱中症になったらどうしたらよいか?
今回は熱中症の症状について知っていただき、自分や周りの人がこの症状が出ていないか参考とし、トレーニングをやめる判断材料としてください。

症状1.めまいや顔のほてり

顔がほてっているな。この症状も熱中症のサインです。
トレーニングをしていたら体全体がほてるのでわかりずらいかもしれませんが、めまいや立ち眩みの症状が出たら気を付けてください。
さらに、一時的に意識が遠のいたり、腹痛などの症状が出る場合もあります。

症状2.熱けいれん

手足の筋肉がぴくぴくとけいれんしたり、足がつったり(こむら返り)、手足のしびれを感じたりしたら、熱中症の症状の一つである「熱けいれん」の可能性があります。筋肉が硬くなったり(筋肉の硬直)、痛みを伴ったり、筋肉痛の症状が見られたりすることもあります。全身のけいれんとは異なり、部分的に生じるのが特徴です。また通常は意識もはっきりしています。熱中症といっても、熱けいれんのような初期症状の段階では、必ず高体温になるわけではないことも知っておきましょう。

症状3.体のだるさや吐き気

体がだるくなってぐったりしてきたり、特に力が入らないなどは熱中症を疑いましょう。吐き気や嘔吐、頭痛を伴う場合もあります。

症状4.汗のかきかたがおかしい

ふいてもふいても汗がでる、もしくはまったく汗をかいていないなど、汗のかきかたに異常がある場合には、熱中症にかかっている危険性があります。

熱中症の初期段階では、汗が出ているため体温の上昇が伴わないこともありますが、大量の汗をかき、体内の水分が失われると、それ以上汗をかくことができず、体温が上がっていきます。熱中症によって体温が上昇する状況は、汗をかくことによる体温調節機能が失われているため、生命の危機的ラインとされる42℃を超える高熱につながることもあります。

症状5.体温が高い、皮膚の異常

体温が高くて皮ふを触るととても熱い、皮ふが赤く乾いているなどの症状も熱中症のサインです。

症状6.呼びかけに反応しない、まっすぐ歩けない

声をかけても反応しなかったり、おかしな返答をする。または、体がガクガクとひきつけを起こしたり、まっすぐ歩けないなどの異常があるときは、重度の熱中症にかかっています。すぐ医療機関を受診しましょう。

症状7.水分補給ができない

呼びかけに反応しないなど、自分で上手に水分補給ができない場合は大変危険な状態です。この場合は、むりやり水分を口から飲ませることはせず、すぐ医療機関を受診しましょう。

 

症状の1-5は比較的軽い症状ですが、大丈夫と思ってトレーニングを続けると症状6及び7に進行し、取り返しがつかない事態となります。
では症状が出ないようにするには?出てきたらどうするのか?こちらは次回の紹介とさせていただきます。

     

===========================================
大阪 京橋 心斎橋 のパーソナルジム 8proud

まずは無料体験、カウンセリング
8proud

お問い合わせは「8proud公式LINE」

===========================================

関連ブログ一覧

  1. この記事へのコメントはありません。