BLOG

~大阪 京橋 心斎橋のプライベートジム 8proud~

正しいプロテインの摂取方法とは?

プロテイン摂取は筋肉をつけるために重要な要素の一つですが、正しく摂取しているか考えたことはありますか?「筋トレの後に飲んでいればいいんじゃないの?」というかたが多数かと思います。

果たしてそれが正しい摂取方法なのでしょうか?

筋肉が大きくならないと思っている人は、高確率で摂取方法を間違えています。この記事を読んで正しいプロテイン摂取方法を身に着けてましょう。

筋肉発達フローを考える

プロテイン摂取方法の前に、筋肉がついてく「筋肉発達フロー」をみて「筋肉はどのようについていくか?」を確認しましょう。

筋肉発達フローは、「1.筋トレ→2.筋肉損傷→3.超回復/休養」の3ステップです。筋トレで筋肉を破壊し、超回復で筋肉を大きくしていきます。

プロテインは筋肉を回復させるのに必要


プロテインの主な役割は、筋肉の回復/発達です。筋トレの後だけに飲んでいる人は、筋肉発達フローの「3.超回復/休養」のプロテインが最も必要とするときに摂取をしていません。超回復で筋肉が最も発達するタイミングで栄養となるプロテインを接しないと、筋トレを頑張っても意味がなくなってしまいます。

筋トレ後だけではなく、休養日にも摂取すること、つまり「毎日プロテインを摂取すること」が重要なのです。

プロテイン摂取「いつ?どれぐらい?」

大きく分けて2つのパターンがあります。「筋トレ日」と「超回復/休養日」です。それぞれ見ていきましょう。

筋トレ日:「朝・食間・筋トレ後・寝る前」の計4回
筋トレ日に必要なたんぱく質量は「体重 x 2g」と言われています。体重が60kgの場合、120gが摂取目安となります。
プロテイン1杯30gで約20gのたんぱく質が含まれるため、1回につきプロテインを30g摂取した場合はプロテインだけで約80g摂取できる計算です。

筋トレ後はもちろんですが、朝と寝る前に摂取し、食間にも1回摂取しましょう。

超回復/休養日「朝・食間・寝る前」の計3回
休養日に必要なたんぱく質量は「体重 x 1g」と言われています。60㎏の人がプロテインを1回30g摂取すれば、プロテインだけで必要なたんぱく質が摂取できます。筋トレ日との違いは、筋トレ後のプロテインがないだけで、朝・食間・寝る前に摂取するようにしましょう。

 

いかがでしたでしょうか。筋トレ後のみプロテインを摂取していた人はこの機会にプロテインプランを立て直し、効率よい筋トレに役立てていただければ幸いです。

     

===========================================
大阪 京橋 心斎橋 のパーソナルジム 8proud

まずは無料体験、カウンセリング
8proud

お問い合わせは「8proud公式LINE」

===========================================

関連ブログ一覧

  1. この記事へのコメントはありません。