BLOG

~大阪 京橋 心斎橋のプライベートジム 8proud~

呼吸を気をつけるだけで、男子も女子も簡単に腹筋は割れる!!

  こんにちは!8proudダイエットコンダクターの吉本です。

今日は、腹筋トレーニングをする上で、一番基礎となる部分の呼吸!!についてと、

腹筋を割るためにどういったことをしたらいいのか!

モテたい人達に、腹筋の構造と仕組みについてもお話していきたいと思います。

 

 腹筋ってそもそもどういう筋肉なの?

ここ数年でよく耳にするようになったシックスパックという言葉。
言葉の通り、6つに分かれた腹筋!
そんな腹筋に憧れてトレーニングを始める男性は多いと思います。
今はまだ平らなおなかを割るにはどうしたらいいのか?

腹筋を割るために、一番知っておかなければならないことは?

そもそも腹筋は4つの筋肉(腹直筋(ふくしょくきん)、外腹斜筋(がいふくしゃきん)、内腹斜筋(ないふくしゃきん)、腹横筋(ふくおうきん)で構成されています。

シックスパックはこの中でいうと腹直筋に
あたります。綺麗なシックスパックを
つくろうと思うとこの腹直筋を重点的に鍛えることが必要になります。

さらに、おなかの横の部分の外腹斜筋、内腹斜筋を鍛えると見栄えが良く
なりますし、腹横筋を鍛えることで全体的に締まった
印象になります。
ちまたでは「腹筋女子」という言葉をよく聞きますが、
特に女性は美意識が高いため、モデルさんや女優さんのような
腹筋。縦に入った綺麗な3本の線!
それこそ、まさに外腹斜筋、内腹斜筋を鍛えることで、
綺麗な3本のラインが浮き出てくるのです。

 

 えっ!?腹筋は誰でも割れてる?

「どうして腹筋は割れるのか?」とよく聞かれるのですが、
実は、腹筋というのはもともと割れています。
お腹の正面に腹直筋という筋肉(筋繊維)が2本縦についています。
その2本の筋肉に対して横に腱画(けんかく)というものが3本から4本(人によって違う)
腹直筋をおさえているので、腹筋はもともと割れているんです。
イメージとしては腹筋の上に覆い被さっている脂肪
をどかし、腹筋を鍛えることでさらに凹凸を大きくし、腹直筋の顔を前に押し出してあげるイメージです。
腹筋の発達度合にもよりますが男性は体脂肪率が13%を切れば憧れのシックスパックが見えてきます!
ようするに鍛えていなくても、細ければ、腹筋は割れて見えるんです。
幼稚園児や小学生の細めの子供たちの中に、うっすら腹筋が割れている子供がいると思いますが、
それはこういう理由だったんです。

  息するだけでいいの??

続いて腹筋が割れるまでにかかる期間はどれくらいなのか?個人差はかなりありますが
もともと体脂肪率が10代後半の方は食事の
摂取カロリーを減らせば最短で1ヶ月程で
割れてきますが、
基本は数ヶ月はかかります。大切なのは継続
することです。最初は出来る範囲で良いので
続けることを目標に頑張りましょう!

腹筋トレーニングをする上で、僕が一番意識して教えている点は、

「呼吸」です!

もちろんトレーニング種目のバリエーションは多い方がいいですし、
強い負荷をかけた方が、筋肉は大きくなり、凹凸ははっきりしてきます。
ただそれには、しっかりとした知識やその方にあった、メニューで行う必要があります。
ですから、基本として、誰でも、そしてどこでもできる腹筋への力の入れ方をまずマスターすることが
大事になってくるのです。

まず、立った状態で力を脱力してください、
そのあと、息を10秒吐いてみてください。
そうすると、自然と体が前に丸くなると思います。
最初の5秒は口から息を吐いている、というイメージかもしれませんが、
残りの5秒、少し苦しくなって、腹筋に力をいれながら息を吐いてませんか?

僕は腹筋トレーニングとして息を吐いてくださいといったわけではなく、
ただ10秒息を吐いてくださいといっただけです。
それなのに、最後は腹筋を使っているんです。

今度はそれを、理解したうえで、始めから腹筋を使って10秒息を吐きながらゆっくり丸くなってください。
もし、腹筋を使うというイメージができない方は、お腹の中の空気を10秒かけて全部出し切りながら、ゆっくりとおへそをのぞき込むイメージをしてみてください。

実はこれだけで、腹筋に負荷がかかって、少し疲れるんです。

時間がないときや腹筋をするような場所がないときは、立ったままで、しっかり「呼吸」を意識して
腹筋を鍛えてみてください!

     

===========================================
大阪 京橋 心斎橋 のパーソナルジム 8proud

まずは無料体験、カウンセリング
8proud

お問い合わせは「8proud公式LINE」

===========================================

関連ブログ一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA