こんにちは!8proud ダイエットコンダクターの吉本です。

 

 

最近、筋力アップしたい男性のお客様に聞かれることがあります。

「いつトレーニングしたら一番効果的なのでしょうか?」

 

実は「○時にしてはダメ!」だとか「必ずX時にしてください!」とかはありませんが、いくつかルールはありますのでご紹介いたします。

ルール1:トレーニングがダメなのは?

まずはやっていけないことから見てましょう。やっていけないのは以下3点です

ダメ1:食後すぐ
ダメ2:空腹時(ダイエット目的は可)
ダメ3:寝る前

 

ダメ1の「食後すぐにトレーニングをしてはいけない」のはなぜか?それは血液の状態が理由です。
食後は胃が消化のために集める働きをします。しかしトレーニングをすると、血液は負担をかけている部分に分散されてしまい、うまく消化ができなくて胃に負担がかかってしまいます。

ダメ2の「空腹時にトレーニングをしてはいけない」のはなぜか?それはエネルギーを作るメカニズムが理由です。
空腹時は「エネルギーな状態」とイメージしやすいですが、これは「血糖値が低下している」という意味で、エネルギーを作るにはこの「糖」が必要です。
「わかった!糖が無い状態ではエネルギーが作られないから?」
答えは「NO」です。エネルギーは作られますが、この場合筋肉を分解してエネルギーを作る働きをしてしまいます。なので、いくらトレーニングしても筋肉をつけることは出来ないのです。

ダメ3の「寝る前にトレーニングをしてはいけない」のはなぜか?それは睡眠の質に関係します。
トレーニングをすると脳や体が起きてる状態になり、寝つきが悪くなったり、眠りが浅くなります。睡眠の質が低下することで仕事や日常に悪影響がでたり、体調を壊すことに繋がってしまいます。

ルール2:トレーニングをしていいのは?

ではいつトレーニングをしたらいいのでしょうか?それは以下2点を守るようにしてください。

1.食後2時間後に始める
2.睡眠2時間前までに終わらせる

 

食後2時間後に始めることで、「ダメ1:食後すぐ」と「ダメ2:空腹時」が避けられ、睡眠2時間前まえに終わらせれば「ダメ3:寝る前」が避けられ睡眠の質を落とさないで済みます。

守るべきはルール1と2になり、皆さんそれぞれライフスタイルも違うため、冒頭でお話した「○時にする」「○時にはしない」というのはありません!となります。

「ルール1と2だけじゃ、いつトレーニングしたらいいか分からない!」という方に、朝/昼/夜それぞれでトレーニングをする場合の注意点を書いて終わりたいと思います。

朝トレーニング:
・入念にストレッチして体を起こしてあげる。(30分~1時間ぐらい)
・バナナなど軽食を食べ、空腹な状態を回避する。
→ただし食べ過ぎに注意!

昼トレーニング:
・ランチを食べてから2時間の時間を空けること

夜トレーニング:
・夕食を食べてから2時間の時間を空けること
・睡眠2時間前にトレーニングを終えること
→寝る時間が遅くならないよう食べる時間に注意

もし「ダメなことやってる!」という方がいましたら、トレーニングの時間をずらしてみてください。