前回に続きまして、熱中症のお話です。どのような症状が出たら熱中症であるか?をお話いたしましたが、今回はどうしたら熱中症を防ぐことができるか?をお話いたします。

いつでも、どこでも、だれでも、条件次第でかかる危険性がある「熱中症」。正しい予防法を知り、普段から意識することで防ぐことができます。
この記事を読んで熱中症に負けない体を作りましょう。

対策1:暑さに負けない体作り

熱中症を予防するためには、暑さに負けない体作りが大切です。以下の点に気を付け、暑さに負けない体を作り上げましょう

・水分をこまめにとる
喉が渇いていなくても体の水分は失われているため、注意が必要です。こまめに水分補給をしましょう。スポーツドリンクなどの「塩分+糖分」を含む飲料は「水分の補給」がスムーズにでき、また汗で失われた塩分の補給もできるため、おすすめです。

・塩分を程よく取ろう
繰り返しになりますが、水分だけではなく汗で塩分も体から外に出ているため、補充してあげなくてはいけません。もしかかりつけ医から制限されているなどの場合は、相談の上、指示に従う必要があります。

・睡眠環境は快適に
電気代がもったいないから。。。という理由でエアコンをつけないで寝ると、通常でも寝ているときは汗をかきますが、さらに汗をかくことになるため、熱中症になる危険性があります。
エアコンや扇風機でもいいのでぐっすり眠れる環境を整え、熱中症を防いだり、体力をきちんと回復しましょう。

・丈夫な体を作る
トレーニングの前に、「食事」と「睡眠」をきっちりとって体調管理をして「丈夫な体」を作って基礎を固めましょう。
基礎がしっかりしていないと、トレーニング時に熱中症になったり、体調を壊す原因となります。

対策2:暑さへの工夫

暑さを我慢せずいろいろな道具を使ったり、衣服を工夫して暑さをやわらげることで、熱中症の予防となります。

・気温と湿度
気温だけではなく湿度も確認し、適度に下げて過ごしやすい環境を作りましょう。「この程度の暑さなら大丈夫」と我慢はいけません。快適な環境であることが大事です。

・衣類
麻や綿などの通気性の良い生地を選んだり、下着は吸収性や速乾性に優れた素材を選びましょう

・日差し
帽子や日傘を使ったり、日陰を歩いたり。直射日光をよけましょう。

対策3:暑さから身を守るアクション

・飲み物は持ち歩こう
いつでも水分補給ができるように持ち歩き、気づいたときに補給するようにしましょう。
繰り返しになりますが、喉が渇いたからではなく、定期的に補給することが大切です。

・休憩はこまめに
外が熱いと普段より体温が高くなり、体を動かすとさらに体温が上がるため、無理は禁物です。こまめに休憩をとるようにしましょう。

・熱中症指数を気にする
こちらなどで熱中症情報が発表されています。自身の住んでいる地域を確認し、「危険」であれば室内のトレーニングなどに切り替えましょう。

 

いかがでしたでしょうか。無理してトレーニングをして熱中症になって体を壊してしまったら元も子もありません。
熱中症を予防して身を守り、無理は絶対にぜず、快適なトレーニングライフを楽しんでいただけましたら幸いです。