最近忙しくてトレーニングが出来ていない。体力が落ちてきている気がする。今日はそんな人たちに向けて日常の中でできるトレーニングを紹介いたします。

通勤や会社の中、また家の中にいるとき、ちょっとしたことがトレーニングとなり、体力アップにつながります。なんとなく過ごしている時間を上手に活用し、体力アップに役立ててはいかがでしょうか。

日常のシーン別にご紹介したいと思います。

通勤:なるべる足を使おう

通勤時はなるべく足を使うようにしてみましょう。例えば「今日は時間があるな」というときは一駅前で降りて歩くだけでも違います。

また、上り下りにエレベーターやエスカレーターではなく階段を使うのも一つの手です。「めんどくさいからエスカレーターでいいや」や無意識に使っている方、是非階段に切り替えてみましょう。

思い切って自転車通勤に切り替えるのもお勧めです。会社によって規則が違うため確認が必要かもしれませんが、可能であれば試してみましょう。

会社:移動と休憩

Designed by Freepik

会社にいるとき、会議のときフロア移動で1~2階の移動にもかかわらずエレベーターを使っていませんか?この移動を階段するだけでも体を動かすことにつながります。

あとは事務職のように一日中デスクすわりっぱなしのような人には、座りながら足を上げ下げしてみたり、立ち上がってストレッチをしてみるなど、1日2~3回を目安に動かすだけでも違います。

家:しながら運動

家事は毎日行うもので、掃除などは体を動かしますが、キッチンでの料理や洗い物の時は止まっていることが多いと思います。そんな時に料理をしながら、洗い物をしながらつま先立ちをしたり、片足を上げ下げしてみたりするだけで、足腰の筋力アップやシェイプアップにつながります。

またテレビを見ながら体を動かすことも効果的です。1番組30分や1時間もの時間がありますが、この時間を使って腹筋や、椅子に座っていれば足の上げ下げをしてみましょう。

 

いかがでしたでしょうか。残業でジムに行く時間が取れなかったり、疲れて朝のジョギングが出来なくなった人たちでも、日常のフローの一部で身体を動かすことはできるかと思います。是非時間を有効活用してみてください。

トップ画像:Designed by Iconicbestiary